おさんぽ日記

浦和レッズ 旅行好きによる日記blogイタリア風味

#------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#20051008 Arsene Lupin

ルパン(フランス映画)
監督:ジャン=ポール・サロメ
主演:ロマン・デュリス
公式サイト
・ルパン 映画生活



日本ではルパン三世のイメージが強い。
本家のアルセーヌ・ルパンは怪盗紳士。
原作は、お調子者のイメージの3世と違って優雅という設定だったはず。まあ、私にとっては、ルパンがそんなに紳士には思えないけど。


この映画のルパンは、
ワイルド。あのあごのしゃくれ、
まさしくルパン3世!
あんたは誰だ、、と思いつつ 彼の笑顔は子供のようで
そのへんが女性を惹きつけるのか?と考えたりもした。
まあ、彼はちょっと胡散臭過ぎる感じ。ルーブル美術館での彼のビジュアルは、いかにもこれから何かしますよ~って誰かに知らせるかのような容貌。
特にルパンのキャラクターに思い入れの無い私はあれでもOKだと思う。濃い顔嫌いじゃないし(笑)

ただ、どうしても納得できないのがカリオストロ伯爵夫人。原作では妖艶なのだが、この映画では色気ゼロ。なんであんなおばちゃんにルパンや他の男たちが夢中になるのか?原作を知らない人は、全く理解できない。
ラブシーンが多いのはフランス映画だから仕方がないけど、ルパンとカリオストロ夫人のラブシーンはう~~ん。。って感じ

内容に関しては、
ルパン小説の総集編みたいな詰め込みすぎな話。
脚本書いた人が、ルパンに思い入れがあるのが伝わってくるけど下手。
それでも、損したなという気にならないのは
衣装などに金をかけていて見ていて華やかだし、原作ファンには小説のストーリーやキャラクターが散りばめられていて楽しめるし、原作に魅力があるから。


原作のようにスマートでかっこいいルパンではないので
それを受け入れられるか否かで評価が変わる映画。

怪盗紳士ルパン
原作は、生誕100周年にあわせて新訳が出てます
スポンサーサイト

Comment

Please Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://misae710.blog12.fc2.com/tb.php/130-59bf5f86

#20051008 ルパン

 あ、『ルーブルの怪人』の監督だったのか・・・納得。 日本ではモンキー・パンチによる「ルパン三世」の方が圧倒的に知名度が高い。フランス人は当然のことながら、「ルパン三世」を知らない。そして、主人公であるアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)の揉み上げを見

#20051008 日本vsラトビア

あ~あ、最終ラインでのパスミスはダメだって言ってるのに~。ウクライナ戦、シェフチェンコが出るなら心配だ。松井大輔はやっぱり期待通り。良かったですね。キレキレ。ところで、ラトビアのチャンスになっても、ラトビア・サポーターの歓声があまり聞こえなかったんですけ

#20051010 ルパン(映画館)

わたしが狙うのは最高の宝石と最高の女CAST:ロマン・デュリス/クリスティン=スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー 他ルパンに特に思い入れがないワタシはそんな楽しめなかったデス・・・。だってモンキーパンチのルパン3世もまともに観た事ないんです・・・。じゃあ

#20051022 58-ルパン

「ルパン」を観にいった。こんなに有名な物語なのに、たった3週間程度しか上映されないなんて!というわけで、見逃さないように慌てて(笑)観にいったのだった。アルセーヌ・ルパンといえば、小学生の頃、「奇岩城」とか「813」とかいろいろと読んだような記憶があるけ

  HOME  

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

misae

misae

20代会社員
<趣味>
★旅行  旅行貧乏。アジアリゾート大好き。
★映画  古いのから新しいのまでOK
★スポーツ観戦  サッカーなら浦和レッズ。野球も好き。
★ゲーム、漫画  RPG中心。
★語学  イタリア語、フランス語に興味。もちろん話せる段階ではない。


-天気予報コム- -FC2-

人気blogランキングへ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。