おさんぽ日記

浦和レッズ 旅行好きによる日記blogイタリア風味

#------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#20050922 ヒトラー 最後の12日間

ヒトラー最後の12日間(ドイツ映画)
 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル

 公式サイトhttp://www.hitler-movie.jp/index2.html
 映画生活のページ

 



私が見た数少ないドイツ映画の中でも、特に印象に残っているesを撮った監督の映画。
ドイツ人によるドイツ語の映画ということで興味があった。
映画館は武蔵野館。行った人にはわかるのだけれど、かなり小さな映画館。立ち見がでるほどのお客さんで、いつもより年齢層の高い人もいた。

まず始まって思ったのが、ヒトラーに顔がそっくり!ということ。過剰演出はなく、第三者の立場で話が進んでいくからドキュメンタリーを見ているような映画だった。

もうどうにもならない状況で、ヒトラーがなかなか現実を受け入れられないよ様子と、部下たちの、ヒトラーが死んでナチスが崩壊していく中での反応が興味深かった。ベルリンでの戦いの様子がリアルで恐ろしい。

およそ2時間半だが長さを感じさせないずっしりと重い映画だった。
スポンサーサイト

Comment

#20050922 ずっと残る

TBありがとうございます。
esに次いで、ずっと残りそうなドイツ映画でしたね。
教訓もいっぱい得られました。

#20050922 

こんにちはkossyさん。
コメントとトラバありがとうございます。

終わった後に考えさせられる映画ですよね。
blogいつも楽しみにしてます^^

#20050923 

この映画凄く興味ありまして
見たいと思ってました
なんか評論の前評判が賛否両論で
ドイツ国内でも評価が分かれてるみたいで・・

自分の目で確かめたいと思いつつ時間が流れ(w

主演の男優さんが好きなんですよ

#20050924 

>アンリさん

ヒトラーの人間性を描いてるので批判があるらしいですね。
でも、美化してる映画じゃないから大丈夫だと思いますよ。でも、ドイツではヒトラーはタブーなんでしょうね

Please Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://misae710.blog12.fc2.com/tb.php/119-a2109f4f

#20050922 ヒトラー ~最期の12日間~

 アドルフ・ヒトラーはユダヤ人だった!という仮説は大好きなのですが、それを想像させるシーンもあった・・・ それはエヴァとの質素な結婚式。「汝はアーリア人か?」と訊かれた瞬間のやりとりで、絶妙の間にゾクゾクしてしまった。実際にはその点を突くようなストーリー

#20050926 映画: ヒトラー 最期の12日間

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル製作・脚本:ベルント・アイヒンガー出演:ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ『ヒトラー 最期の12日間』オフィシャルサイト見終わってしばらく、久々に「いい映画だなぁ・・・」と感慨に浸った...

  HOME  

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

misae

misae

20代会社員
<趣味>
★旅行  旅行貧乏。アジアリゾート大好き。
★映画  古いのから新しいのまでOK
★スポーツ観戦  サッカーなら浦和レッズ。野球も好き。
★ゲーム、漫画  RPG中心。
★語学  イタリア語、フランス語に興味。もちろん話せる段階ではない。


-天気予報コム- -FC2-

人気blogランキングへ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。